ようこそ東京都森林事務所Webサイトへ

多摩地域の森林・林業の概要

概要

 森林は木材の供給をはじめ、水源のかん養や災害の防止、二酸化炭素の吸収など様々な機能を発揮しています。多摩地域の人工林の多くは戦後に造林され、森林資源は現在、伐採・利用の時期を迎えています。
 しかし、長期にわたる木材価格の低迷により、林業及び林産業の採算性は著しく低下しました。その結果、積極的に伐採や造林が行われず、若い森林が極端に少なくなり、高齢の森林が増加しました。東京都は現在、森林が持つ多面的な機能を維持・増進していくためには、伐採・利用・植栽・保育という森林の循環を促進させることが課題であるという視点に立ち、様々な施策を展開しています。
 また、シカによる食害等の森林被害は、シカ対策により減少傾向にあるものの、被害は奥多摩町の多摩川北岸だけでなく広範囲に分散しています。

学習ページ「森林のはたらき」

高い人工林率

 東京都の森林面積は東京都全域のおよそ4割を占めています。その森林の約7割が多摩川、秋川、浅川流域の多摩地域西部に偏在しています。多摩地域の森林の4分の3が私有林です。



 また、多摩地域の民有林(国有林以外の森林)のおよそ60%が人工林で、全国の民有林の人工林率46%に比べて、東京都の人工林率は高くなっています。

学習ページ「森林をつくる」

偏った林齢構成

 林齢構成は、41年生以上(9齢級以上)が約9割を占める一方で、40年生以下(8齢級以下)は約1割にとどまっています。

木材価格の傾向

 柱適寸丸太(柱もの)は、平成3年スギ26,000円、ヒノキ49,333円でした。その後、価格は大きく下落し、平成24年にスギ8,381円、ヒノキ16,414円まで落ち込みました。中目丸太の価格の推移も同様の傾向を示し、中目丸太(中目)は、平成3年スギ23,416円、ヒノキ46,250円で、平成24年にスギ10,503円、ヒノキ24,848円と価格が落ち込んでいます。

【参考】国産丸太価格の推移(年平均)
円/立方メートル
区分年次 スギ ヒノキ
柱もの 中目 柱もの 中目
26,00023,41649,33346,250
20,33320,66736,417 45,483
13 11,91713,33328,50038,833
18 10,00011,66722,16731,750
23 10,16712,41721,27333,000
24 8,38110,50316,41424,848
25 8,899 9,78819,58526,573
(注)  柱もの:材長3.0m カケル 径級(14~18)㎝(0.051~0.09立方メートル)
 中 目:材長(3.65~4.0)m カケル 径級(18~28)㎝(0.118~0.286立方メートル)

林業労働者数の推移と高齢化

 国勢調査の結果を見ると、昭和35年に2,000人を超えていた林業従事者は平成17年には203人と激減しました。その後、平成22年は380人と増加に転じました。同様に、雇用されている林業従事者数も減少を続けていましたが、平成17年の114人から平成22年には268人と増加しました。
 また、林業退職金共済に加入する林業・林産業等従事者は、51歳以上が全体の約6割を占め、平成25年度の平均年齢は55.3歳です。

施策の方向

 国の法改正など森林・林業を取り巻く情勢が変化したことから、東京都農林漁業振興対策審議会からの答申「東京における持続的な森林整備と林業振興について」を踏まえ、「森づくり推進プラン」を改定し、平成26年3月に公表しました。
 東京の森林・林業の役割や現状と課題を整理した上で、2つの基本的な視点に基づき4つの戦略を定め、施策展開を図っていくこととしています。

【基本的視点】
   1. 効率的な森林整備と安定的な木材供給
   2. 民間が有する力の幅広い活用

【戦略】
   1. 多様で包括的な森林整備の推進
   2. 効率的な林業経営の実現
   3. 東京の木「多摩産材」の利用拡大
   4. 都民や企業等との協働による森づくりの推進

出典:『東京の森林・林業(平成26年版)』

○『東京の森林・林業』については、東京都産業労働局農林水産部ホームページでご覧いただけます。

ページのトップに戻る

Copyright(c)2004 TokyoForestryOffice All Rights Reserved.