ようこそ東京都森林事務所Webサイトへ

出張所からのたより

このページでは、地域に密着した3つの出張所からの西多摩の季節、事業の近況を掲示してあります。

2019年 1月

【林道の維持管理作業】

多摩川林務出張所

 林道は、森林管理や木材搬出、住民の生活道等として使われています。大雨や経年劣化等により、林道は傷んでいくため、利用者の通行の安全を図るためには、日々の維持管理作業は欠かせません。
 写真は、青梅市成木の常盤林道で、倒れそうになっている木柵を組み立て直した様子です。これで、再び法面からの土砂流出を抑えることができるようになりました。
 他にも、見通しを確保するために草刈りを行ったり、路面に空いた穴を埋めたりと、様々な作業を行っています。

写真1

写真2

写真3

【盆堀復旧治山工事】

秋川林務出張所

 この現場では、集落上部の山腹斜面に不安定な転石が多数存在しており、人家等に被害を及ぼす恐れがあることから、落石対策工事を実施しています。(写真1)

写真1
(写真1)落石対策工事。落石を受け止める柵を設置している。

 また、周辺の一部の人工林が過密な状態となっています。過密な人工林は、1本1本の木がもやしのように細ってしまっていたり、林内が暗くなって下草がなく土がむき出しになっていたりするため、荒廃してしまう恐れがあります。そこで、落石対策工事と併せて森林整備(間伐)を実施しております。(写真2)

写真2
(写真2)森林整備の作業状況。過密な林分を伐採し、適切な密度にしている。

写真3
(写真3)森林整備後の様子。林内が明るくなった。

 治山事業は、健全な森林の維持造成を通じて山地災害から住民の生命・財産を守るために実施するものです。この現場のように工事と森林整備を適切に組み合わせて、その目的に適う事業実施を進めて参ります。

林道標識の設置

浅川林務出張所

 林道は、森林の保全・管理を目的に林業関係者が通行するために作られています。
 しかし、最近の林道の利用者は、自転車による走行者が多くなり、現地から 「林道を通行していいですか?」などの問い合わせも多くなっています。
 林道標識は、林道名や道路管理者・通行注意などを利用者にはっきり知らせる 施設なので古くなった標識の交換や危険箇所手前に職員により標識を設置ました。

古くなった林道起点標識の交換
(糀谷山入(こうじややまいり)林道)
交換前
交換後


 注意看板の新設
(盆堀(ぼんぼり)林道)
 落石注意の看板

新設の看板
路線内に5基設置しています。


ページのトップに戻る

Copyright(c)2004 TokyoForestryOffice All Rights Reserved.